トップ 最新 追記

日々之雑感

1352647: 34: 79
すごく過去の雑感
2002| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|05|09|
2008|02|03|05|06|08|11|12|
2009|10|11|12|

2005-08-12 夏の風物詩

_ [JunkYard] 夏コミ新刊

つうわけでProgressive#2「ミッドナイト:オン・ザ・ラン──魔術師の職業倫理と交換取引」真冬真著出します。コピー20ページ100円。さっき誤植見つけてホチキス全部はずしたところ。とほほほほ。

 そもそもがクズみたいな仕事だった。逃げた男を捜して、依頼主のところへ連れて行く。  男はクズだ。依頼主もクズだ。この仕事自体がクズだ。そしてそんなクズ仕事をしてる自分自身もクズだった。  大して実績も実力もない下積みの魔術師、レナード・レッドフォックスは、手錠でつながったプレストン・サリヴァンと炎天下のアスファルトの上を汗をしたたらせながら歩いていた。  奇妙な二人組が織りなす、男達の物語!

 もう宣伝ページ作る余裕もねえが、コミケで新作無しという事態は避けられた模様。まだ作業残ってるけど。

 あとは在庫のあるもんは全部もってゆきます。Progressiveでもってゆけないものは、1,2,3,10,11,22,25。在庫些少なのは7,21,24。あとはほしたちのこえ、いくつかの委託品、そんなとこかな。ちらしは新作を鋭意作成中、そんなわけでよろしく。

_ [JunkYard] 「Progressive25 ギャルナフカの迷宮

 SFマガジンとかでも告知されていますが、「老ヴォールの惑星」小川一水・ハヤカワ文庫JAに改訂版が収録されました。同人誌版から加筆修訂された改訂版で、物語の焦点も変わっています。同人市販を読んだ人にも、そしてもちろん読んでいない人にもお勧め。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ internet casino [ http://psy.nccu.edu.tw/~statistics2/_s/1/cfr/1.html <a ..]

_ pharmacy [ http://psy.nccu.edu.tw/~statistics2/_s/1/cde/1.html <a ..]

_ pharmacy [ http://www.tarleton.edu/~chemclub/~chemclub/1/cde/102.ht..]

本日のリンク元 | 129 | 71 | 29 | 27 | 12 | 12 | 9 | 8 | 7 | 7 | TrackBack(0)

2005-08-13

_ [JunkYard] [イベント] コミックマーケット68 二日目

 んなわけでコミケ二日目。

 午前7時、現地集合。はいはいと了解したのはいいのだが、名古屋から7時にビッグサイトに着こうと思ったら夜行しか手段は無い。もちろん一週間前に切符を手配しようとしても取れるわけないのである。そんなわけで前夜からベースキャンプに転がり込んでいたわけなんだが。

 なんでこんなに早く集合かというと、毎度のごとく合体で並べるものも多いので、毎度けっこう設営に時間がかかるのである。最近は要塞(陳列棚のジャンク・ヤードでの呼称)の改良も進み、メンバーの手際も洗練されてきたのであまり設営時間はかからなかったのだが、残った時間は全員でまだレーザープリンタの熱の残るチラシ折りである。

 そして開場。いつもは外周行列がばらけたくらいに人が来るよなー、と思っていたら、ぱらぱらぱら、だばだばだば、ずだだだだ、といった感じで人がやってきておおわらわ。さすがに創作文芸というジャンル故に行列になる事は無いのだけど、ピーク時には層くらいにはなっていたように思う。着ていただいた方々には感謝です。

 昼ごろには少し落ち着いて、通りすがりに立ち止まってくれる方や、あれこれ手を出して熟考する方が多かった。今回は東館ということで、普段とは通りがかる人も違うというのが大きいと思う。こうなるとジャンク・ヤードの弱い所で、もう少し手を出す人に優しいディスプレイとかを考えないといけないなあ、というような事をつらつらと考える。まあそのために最近はちらしを配ったりもしているのだが(1回のイベントで最も数が出るのがちらしである。隠れたベストセラーと言えよう。無料配布は「セラー」じゃねえ、という突っ込みは不許可)現場はもう少し改良点があるよーな気がする。これは今後への反省点。

 そんなこんなで閉会。結局西館へは行けず。SF,ミリメカへは行きたかったのだが、それだけの気力体力がほとんど無かった。まあSFはSF大会のディーラーズと同じよーなもんなんだがな(偏見……か?)。周囲では閉会時間前にばたばたと撤収する人が多かったというのも東館ショック。創作文芸は大部分残ってたけど。もう一つのショックが宅急便行列の長さ。西館では十数分も待てばいいとこなのだが、東館は列が長い長い。マンレポで知識としては知っていたのだが。撤収完了後、気付けば毎回利用している水上バスが終わっていた。

 今回のProgressive29「黒髪四重奏イ短調」は、小川一水氏の参加した前回、前々回に比べるとさすがに落ちるけど、短編集としてはけっこう善戦した。Progressive#1、#2も持ち込んだものが閉会を待たずに完売。以前同じフォーマットで出したコピー誌と比べて、Progressiveと付けるとさすがに手に取っていただける数が違ったのはうれしい反面ちょっと複雑。まあProgressiveの名を冠する以上Progressiveの流儀で創られたわけなので、オフセットのProgressiveと同じ品質保証。そのへんはタイトル買いした方にも安心のはずなのだけど。あと既刊も少しずつだが動いた。今回で売り切れ在庫無しとなったものもいくつかある。うれしい反面、ちょっと寂しかったり。

 そんなわけでC68も無事終了。来て頂いた方には感謝を。次はコミティアでNight-Marchanで委託参加予定。新刊は無いっす。

本日のツッコミ(全73件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Corneliagba [Over The Hedge london fog umbrellas link bracelet charms p..]

_ carteyrosoo [progressive metal rb1050 photosuite software what's my lin..]

_ Georgiahik [bose 321 series ii quirks and quarks sennheiser hd 580 new..]

本日のリンク元 | 40498 | 141 | 60 | 53 | 43 | 17 | 14 | 8 | 7 | 6 | TrackBack(0)

2005-08-14

_ [イベント] コミックマーケット68 三日目

 前日で力尽きていたので、昼ちょいすぎにビッグサイトへ。東京駅で手荷物預けるのに手間取った事もあるんだけど。

 今回もカタログチェックは前夜の数十分のみ。おまけに自分のカタログは間違えて送り返す荷物に入れてしまって借りる始末。いいかげんこれまで気に入った本のサークルくらいリストにしとけ、と思うのだが記憶力が無いので毎回同じ失敗をしているよーな気がしている。まあ何カ所か挨拶してあとは創作絨毯爆撃だなー。

 「夢の終わりに君を願う」パン食グランギニョル ローゼンメイデンは久しぶりに気に入ったアニメなのだが(どれくらいかというと、ディスクの中に「続き.txt」という謎のファイルがある)今回手を出した同人誌はこれ一冊。実は表紙買い。自分は二次創作が書けなくなって久しく、読まなくなってからはさらに長いのでどちらかというと懐かしさのほうが先に立ったり。三編収録されている中では「薔薇人形、街へ。」が気に入った。アニメの話にありそうでなさそうな微妙さ。本編に差し込むのは無理な気もするけど。細かい事を言い出せば投げっぱなしジャーマンな伏線とか、後半水銀燈をもう少し生かしてほしかった気も。

 「Scarlet」長澤 真 マンガとかイラストとかごった煮本。閉会直前に通りがかって表紙に引かれて手にとってぱらぱらめくると、なにやら見覚えのある絵……ハイウイング・ストロールのイラストの人じゃん! ダマになったギルドっ娘の絵は何度見てもよいと思う。微妙な上着のディテール違いとかうまいなあ。という事で購入。表紙の娘の話の続きは希望(とコミティアで言おう)

 あとはまるちぷるCAFEの新刊が売り切れていたり、非日常的な日常機Ν兇魘然見つけて手に入れたり、「ああっ! 神奈川県軍の位置がわからん!!」とのたうち回って彷徨っていたら撤収準備中の所を見つけて無事に新刊を手に入れる事が出来たり。 

 まあ総じて「準備不足」なわけだが、少年創作絨毯爆撃するだけならなんとかなるよなー、とも思ったが、言う人に言わせるとコミティアでやればいいじゃん、ということにもなるらしい。げしょ。

本日のツッコミ(全41件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ AncemeNitte [Burned whites and also yellows were being well-liked hues ..]

_ nike free [Amazing. Now, I see a green tumbleweed and I think of the ..]

_ rornet [Logiciel Espion Sms Gratuit. By Admin <a href=https://www...]

本日のリンク元 | 5525 | 308 | 50 | 33 | 17 | 10 | 8 | 6 | 6 | 5 | TrackBacks(2)

2005-08-26

_ [アニメ] 「戦闘妖精雪風」

と、いうわけで『戦闘妖精雪風』完結。

感想、きちんと全巻買ったから値段分は言うぞ! 駄目じゃん!! 以下ネタバレは極力避けるが、不可抗力のとこは不可抗力。

1巻。壊滅的に駄目。原作を知っている人には不満のみ残り、知らない人には意味不明のストーリー。ラストのエンディングテーマの違和感が駄目押し。『戦闘妖精・雪風』のストーリーを1巻で消化するというのも無茶だが、ここまでで描かなければいけないことをなんにも描いていない。だいたいマーニーの乳が出てこなければ、彼らの正体がわからんのに。このミスは後に引くぞ、と思ってたら案の定。

2巻。うって変わって善戦。ただ露出狂じみたフォスの胸元とメイヴのキーボードをなんとかしろ。

3巻。なかなか上手く作ってるじゃないか、というのをトマホーク・ジョンの正体でぶちこわし。1巻でマーニーの乳を出さなかった報いである。原作の「僕は、人間だよな」という台詞をぶちこわしにしてしまったではないか。

4巻。まさかこの話を入れてくるとは思わなかった。シリーズ中最高の出来だが、それは本編のストーリーにあまり関わらなかったからだろうな。メイヴがどーやって後進してるのか(きっと妙な所にバイパスとかあるに違いない。知らずに近づいた甲板員が吹き飛ばされなかった事は幸運だ)とか、甲板の高さ何メートルあるんだとか言いたいが、気持ちいいシーンだったので言わない。でも物語全体の事を考えれば天田少尉を出すべきでは無かったかと思う。

5巻。さすがに「飛行機とばすことだけは超一流」というGONZOだけあって、戦闘機飛んでるシーンの迫力は絶好調。正直、雪風と零が出撃したシーンから先は、もしかして原作を超えるラストを見せてくれるのかも、と期待した。本気で期待した。その直前まで、「結局、雪風と零とブッカーの三角関係話かい! エディスの立場は!」とか思っていたので、反省しつつ、本気で期待した。しかしそこはGONZO。しっかり裏切ってくれた。なんだこのラストはおい! ジャンプの打ち切り漫画じゃねーんだぞ! だいたい超空間通路を造ったのは誰なんだよ。なんの解決にもなってねー!!

 そもそもお茶会の前に、零がエディスを雪風のコクピットに座ることを許しているところから違和感大。その後、雪風を単独でロンバートとの戦闘に赴かせた零にも違和感大。彼なら誰がなんと言おうとも雪風のコクピットにいただろう。むろん、いなかったからこそロンバートの最後の台詞が生きてくるのだが、それがその先のストーリーに関わらないのだからまったくの無意味。

 そしてラスト前。ロンバートの言葉、そしてフェアリィ空軍全軍がジャムの超空間に捕らわれた状況。雪風と零が出撃。超空間通路を破壊する三機の騎士を従えた風の女王、全軍のバックアップを受けた最高の舞台。この燃えまくりの舞台で、雪風と零をジャムと対決させようとは思わなかったのか!? それをさせずに複合生命体云々に何の意味があると?

 結局、零と雪風とブッカーの三角関係の話で終わってしまった(最初からそういう話だと言われれば返す言葉も無いがな)。違うだろう、これは零と雪風とジャムの三角関係の話だろうに。だからこそ『戦闘妖精・雪風』はSFなのだよ。でなきゃそのへんの凡百のテレビドラマと変わらねえ!! スタッフ、お前ら実は原作の事嫌いなんだろう。

 で、あのラストは何ですか? 零と雪風はジャムに負けたとでも??

 ちなみにシリーズ全編で一番おもしろいのは、1巻の原作者・神林長平インタビュー、そして5巻の監督インタビュー。監督、それはまったく原作者に相手にされなかったと言うのでは?

 少なくとも、「原作を完全映像化」という戯言は宣伝であれ二度と口にするんじゃねえ。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ 林 隆博 [いやね、ラス前の盛り上がりが尋常で無いので、思わず期待したのですよ。そこはかなり高評価してます。それが投げっぱなしジ..]

_ 小川一水 [およそ林さんとは思えないキレっぷりに大びびり。 某所や某所では途中までカスだったけど最終回だけはいいって評判だ..]

_ 林 隆博 [私は『グッドラック』は、零と雪風がラヴラヴで、雪風はちょっかい出してくるジャムをてきとーにあしらってるんだけど、それ..]

本日のリンク元 | 198 | 147 | 57 | 49 | 26 | 16 | 16 | 12 | 9 | 8 | TrackBack(0)

.O.
..O
OOO
README|日記の書き方