トップ 最新 追記

日々之雑感

1352648: 35: 79
すごく過去の雑感
2002| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|05|09|
2008|02|03|05|06|08|11|12|
2009|10|11|12|

2006-02-01

_うお、もう2月でやんの。予定してた事全然できてねえなあ。(原稿とかな)

_ [雑記] ライブドア問題、その後

うーむ、やっぱり法的に何が問題なのかよく解んねえなあ。資金環流とかいろいろ明らかになってきているのだけど、資金環流させている事自体がマネーロンダリング等の防止の法令にひっかかるのか? それとも環流自体は法的には問題なくて、虚偽発表だけが問題なのか? 裏事情をいろんな図で説明してくれるのはいいんだけど、それのどの部分が法的に問題で、どの部分が抜け穴で法的には問題無いけど気分的に問題だと言いたいのかそのへんもきちんと説明してくれんかなあ。

とりあえずM&Aや株式分割は(法的には)何にも問題無くて、その時に虚偽発表したことが問題、という所は解ったんだがな。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Lica [こんにちは。ご無沙汰してます。 ジャーナリスティックなブログサイト付近の情報によれば、Lived●●rの事件は..]

_ ronalugr [???initialComments:{true|accurate|correct|genuine|real|leg..]

_ tomsviw [Great, amorously participatory together with nakedly strai..]

本日のリンク元 | 6832 | 4 | 4 | 4 | 4 | 3 | 3 | 2 | 2 | 2 | TrackBack(0)

2006-02-02

_ [アニメ] ローゼンメイデン・トロイメント

ラスト4話入手したのでまとめ見。

うーむ、「私はお前の父だ!」って帝国の逆襲かい! なんか見終わった後のカタルシス不足といい、なんか共通点大あり。

正直、第1シリーズのラスト3話に比べると散漫スカスカ感は否めない。みんなして戦っているのはいいんだけど、物語がどっちに転がっていってるのかよく分からんのよ。第1シリーズのラストが「ジュンと彼の引き籠もり」「ジュンとノリ」「ジュンと深紅」「深紅と水銀灯」という対立項を凄まじい勢いとパワーでなぎ倒すように片づけていったあの「物語のピースがはまり込んでゆく」快感みたいなのが全然無い。つーか、こういうオチに持って行くなら、薔薇水晶主体の回が必要だったのでは。それが無いからなんか彼女のキャラが型通りの薄っぺらに見えて、あのラストにもいまいち感情移入できない。キャラとしては好きなだけにすごく惜しい。エンディングで見下ろしの薄笑い浮かべてるカットとかすごく好きなんだけどなあ、もっとキャラ立ててやってほしかったなあ。彼女に込められた情念ってのは水銀灯と比べても半端じゃないはずなので、そのへんをもっとこっちに伝わるようにさ。あとラスト前の「このときのために動画枚数取っておきました」場面の最期も、彼女の右腕が決着を付ける鍵になったのはもちっと演出で見せられなかったのかと。

#「心に棚を作れっ!」 とは明言なり。「それはそれ、これはこれ」よりも好みだな。

ちなみにトロイメントが始まる前、7人目はローゼン自身だと思ってました。

「アリス、それは『完全な少女』。その妄執と狂気に取り付かれた人形師は、7体の人形を作り上げる。完全な少女を作り出すためのローゼン・メイデンシリーズと、自らを永遠の存在とするための、アリスゲームを見届けるための生き人形。尽きることの無い妄執が最期のローゼン・メイデンを目覚めさせる。アリスゲームの開始の鐘が鳴る。復活し、深紅への復讐に燃える水銀灯。深紅の心は父・ローゼンとジュンの間を揺れ動き……」

みたいなメモがディスクの中にありましたよ? まあ黄色いのがいる事を知った時点でほーり出しましたが。

本日のリンク元 | 147 | 122 | 49 | 46 | 19 | 16 | 10 | 8 | 7 | 7 | TrackBack(0)

2006-02-25

_ [JunkYard] [イベント] あしたは文学フリマin名古屋。

詳細は公式ページ参照。ブースはB-14。

まあいつもな感じなわけですが、とりあえず新刊は出ます。Progressive#3「ウィザーズ・センチュリー2 国王陛下の魔法使い」コピー16ページ100円。

夜間爆撃で無敵を誇ってきた飛行船艦隊がイギリス上空で大損害を受けた。九死に一生を得たロジーナは、敵高射砲陣地への強行爆撃に参加する。しかし、イギリスで彼女を待っていたのは、恐るべき敵だった。

冬コミで落としてコミティアで落としてようやくですよ。黙ってればわかんねーけどな。前作よりもページ数は少ないですが、文字数は多いです。純粋に版組の都合。

既刊はてきとーに持って行きますんで参加される方はよろしくお願いします。

本日のツッコミ(全53件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ Muklyk [韲籥纈驗碵鰰肭粮匁髟鉋(闔謫鉐鴃鈞 俸, 嚏鞐蓁, 磬鴾鞣 フ頌鉋驫釿 閠韋 ホ碼 逵琅宙頽 200 ..]

_ ialmerrissa [廷瘰 粤逵, 閻鞳顋諤 矼髴 蓁鱚齏纈, 鋏纃著陷繖碪闡蓍 邇 鞳琺逶 矗袱迹蓍 鋏纃著磑. 毎瘤 黽砒繼..]

_ Jeans [Initially, the with it fiction is proper the captain's gog..]

本日のリンク元 | 786 | 323 | 115 | 50 | 32 | 21 | 19 | 17 | 17 | 16 | TrackBack(0)

2006-02-26

_ [JunkYard] [イベント] 文学フリマin名古屋

 そんなわけで文学フリマin名古屋。正直名古屋でそれも文章オンリーのイベントなんて無謀な事誰が言い出したんだか、と思っていたのだが、参加サークルリストを見てちょっと納得。しかしそれならそれでどーゆースタンスで参加したもんだかなあ、と思案したのだが、文学フリマやコミティアやそうさく畑に参加しているサークルもけっこうな数参加されているので、いつもの通りという事で。とりあえず普段とは来場者層は違うだろう事は予測できたのでコピー誌のProgressive#を前面に押し立てる事に。値段安いし短編一本一冊の構成で手に取りやすいだろうしな。

 当日朝は大雨。ちょい早めに会場に着きすぎたので、自販機コーナーでコピー誌の製本作業。まあそんなに売れるとは思っていないので、並べるのに足りる分だけあればいいか、と大半は未製本のまま会場へ。

 会場は地上8階の大会議室。参加サークルが50に満たないのでそんなに窮屈感は無いかと思ったら、机が小さいのと島の内側のスペースが小さいのに往生する。正直いつもの調子で本を持ち込んでいたらえらいことになる所だった。

 主催者の挨拶で開場。「あいにくの雨で人出は見込めないが、次回に繋ぐため云々」という挨拶に爆笑。閉会の挨拶だろそれ。正直すぎるぞ。開場直後の人出は思ったよりもあった。これは各サークルにつき複数人の参加があったためと思う。いきなり通路が閑散として風が通り抜けるのみという最悪に事態は避けられた模様。中日新聞も取材に来てたしな。そうこうしているうちに幾人か立ち寄って購入いただく。まとめ買いしてくれる人も幾人か。やっぱりいつもの即売会とは参加者層が違うんだろう。私はすでに朦朧としていたので札の種類間違えるわ引き算できなくなるわで大迷惑だったが。今回は見本誌の提出は一冊のみ、提出されたものは見本誌コーナーで立ち読み可。という事で最新刊のProgressive30「バス停のある風景」を提出しておいたのだが、見本誌コーナーから来てP30を指名買いという方が後半はけっこういたように思う。他のも見てってくれよう、と思っていたのは内緒だ。

 最終的な結果は、東京の文学フリマの半分ほど。午後から人出が伸びたとは言っても、来場者の絶対量から考えると成功だったと言っていいかも。コピー誌はそのうち1/3。思ったよりも割合少ないかなあ。カラー表紙のほうがやっぱり手に取りやすいのかしらん?

 終了後はどこにでも出没のまねき猫の人とか京都の人とかT社の中の人とかと茶店に繰り出してそのまま金山駅で飲んだくれる。が、私は引き算できないていたらくなので、すぐに故障。深プラに行くという面々と別れて帰宅する。どれだけ駄目だったかは、地下鉄の駅からバスの時間がかなりあったので思わずタクシー乗ってしまったくらい。普段は歩くんだけどなー。20分くらいだし。

 まあ次回があったらまた参加すると思う。しかし会場の使い方はもう少しなんとかならんかったのかなー、と思う。長細い部屋の片側に出入り口、島が4つ、入り口側と奥の二つづつの間に見本誌コーナーという配置だったのだが、見本誌コーナーで入り口から奥への人の流れが完全に分断されていたように思う。おまけにあちこちにデッドスペースができていた。これなら島4つではなく、壁配置に島二つのほうがスペース有効利用できたのではないかな。サークルのスペースももう少し取れたろうし。いまいち人の導線とか考えてなかったように思える。東京の文学フリマみたいに行列騒ぎになる可能性は少しでも考慮したのかなー。まったくしなかったとすればちょいとリスク管理甘いのではないかと。

 いや、俺は何も企みませんがね。

本日のリンク元 | 105 | 81 | 41 | 36 | 20 | 11 | 7 | 7 | 6 | 6 | TrackBack(0)

.O.
..O
OOO
README|日記の書き方