トップ «前の日記(2008-05-31) 最新 次の日記(2008-08-01)» 編集

日々之雑感

1344977: 33: 112
すごく過去の雑感
2002| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003| 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]
2003|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|05|09|
2008|02|03|05|06|08|11|12|
2009|10|11|12|

2008-06-08 野田昌宏宇宙大元帥、死去。

_野田昌宏氏に初めて間近に会ったのは十五年以上前の事だ。金沢での第30回日本SF大会のスタッフをやった後、野田クルゼという小さなイベントをスタッフをやった時だ。野田先生を囲んで一晩わいわい騒ごうという、まあ行ってみればそれだけのイベントだ。

_金沢のユースホステルを借り切った会場にで、、NASAや欧米の珍しい映像作品や、スーベニアグッズを持ち込み、皆に囲まれて、その独自のべらんめぇ調で色々な話をしてくれた。作家の先生というよりは、気前のいい山賊の親分という風体だった。

_まだインターネットなんてものはなく、パソコン通信がある程度で、海外の情報なんて翻訳を待つしか無かった。そんな中で海外の文献やパルプブックの「絵」を持ち込まれた大量のスライドで見せてもらった。このイベントは何回か続き、大学を卒業して私が金沢を離れた後も、出来る限り参加した。

_SFマガジンの連載で、TEPIAでボイジャー2号のレプリカの展示をやる、カレーくらいごちそうするから来い、といった話を真に受けて、車にぎゅうぎゅう詰めに乗り込んで金沢から押しかけた事もある。火星の3Dグラフィックの中を飛ぶシミュレータやボイジャーのモックアップ、その他の展示物の説明を野田先生自ら嬉々としてとして話してくれた。もちろんカレーもご馳走になった。

_その後、私が主体となって、岐阜県で創作のワークショップを行った。野田先生には講師として参加していただいた。野田先生の好意におんぶにだっこな企画だったが、にこにことしたいつもの笑みで、快く引き受けていただけた。

_Progressiveを立ち上げる時には、このときの企画のやり方を基とした。

_昨年のワールドコンの時、野田先生への寄せ書きが行われていた。星海企業の知人から野田先生の病状は聞いていたが、改まった気恥ずかしさと、また会う機会もあるだろう、という根拠の無い希望もあって何も書かなかった。

_私がSFを読む切っ掛けになったのはクラークだったりベンフォードだったり神林長平だったりするのだが、SFファンダムで活動してきて、一番お世話になったのは、というとそれは野田昌宏先生であることに疑いは無い。

_まさに、先生だった。

_ご冥福をお祈りします。

_画像の説明

_[ファンダム] [JunkYard]

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ ジミーチュウ店舗 (2014-07-20 07:36)

本来の雨具として使用したのは、バスツアーで参加した駒止湿原で、雨に降られたために着用した回だけです。これ以外には、蛭ヶ岳に登った際、雪に対するオーバーズボンとして回使用しています。私が現在使用している山の用具の中では最も高価ですが、使用実績は殆どありません。おばはんが入院中に店番してたニシの社員の兄ちゃんが、思いがけず大学の陸上競技場落成時(1986年です!)に、ハードルやらマットやら備品一式を納入(創業者の西貞一氏はD大陸上部のOBで全部寄付しぅc

_ ジミーチュウ 新作 (2014-07-25 04:23)

2001年にNYコレクションでランウェイデビューして以来、各都市の人気メゾンを網羅。今年に入って金髪にイメージチェンジした彼女は、デザイナー直々のオファーにより、2010 11年秋冬シーズンは「ジバンシィ」のショーのみに登場。2010年春夏シーズンはNYの「リード・クラッコフ」、およびパリの「ルイ・ヴィトン」のショーに登場して、キャリア10年の貫禄を見せつけた。一つ目の丘を超えて下ってると太もも裏が攣った。幸い近くに人が少なく格好悪い姿をさらすことなく人でストレッチして戻る給水所では水は取るもののすべて体にかける。スイムで蓄%a

お名前:
E-mail:
コメント:
本日のリンク元

.O.
..O
OOO
README|日記の書き方